モテるメイク

2011年10月アーカイブ

リップグロスは、唇につやを与えてくれるアイテム。
中央に厚めに塗ると、それだけでつやに立体感が出て、よりぷるぷるに見えます。
メイク全体の仕上がりにも影響するテクニックなので、ぜひ応用してみてください。

すっぴん風のメイクでも、ファンデーションの前には化粧下地を塗りましょう。
ファンデーションののりがよくなりますし、メイク崩れの防止にも。
土台をしっかりと作って、ずっときれいなメイクのままでいたいですよね。

冬はどうしても乾燥してしまう季節。
しっかり補給しているつもりでも、ストーブやエアコン、その他の理由で思ったよりも肌は乾燥しています。
持ち運べる化粧水は必須。
デスクワークなら、机の上に水を入れたコップを置いたりといったことでも、少しは効果があるはずですよ。

アイシャドウは2色から3色を使って、グラデーションを作るとうまくいきます。

大概のパレットには薄い色と濃い色がセットになっていますよね。
あわせて使うときれいに仕上がる組み合わせになっていますので、躊躇せず使っていくのがアイシャドウをうまく塗るコツです。

アイラインは、まつげの間を埋めるように塗るのがポイント。
まつげから離れた場所に引くと、隙間を埋めるためにどうしても太くなって、パンダ目になっちゃいます。
太すぎるアイラインも逆効果ということに注意しましょう。