女性の憧れ、バストアップの方法

やっぱり気になる?バストアップ

男性が女性の体で気になる場所を挙げると、やっぱり胸が上位に上がります。話をしていて、最初は顔を見ていてもつい視線が胸に向かったり......。
女性からすれば嫌なものかもしれませんが、これは女性を対象にしてもそういう傾向がある、という調査結果もあるとか。
女性の場合には、下心ではなく無意識に自分と比較してしまっているのかもしれませんが、ともかく女性の胸というのは格好のアピールポイント。それだけに悩みの種にもなり、バストアップは、女性ならあこがれてしまいますよね。
ここではまじめに、バストアップについて考えてみましょう。

バストアップとは?

胸のサイズにはアンダーバストとトップバストあります。
アンダーバストは胴の周りのサイズのことで、トップバストは乳房も含めた胸のサイズのことです。
この二つのサイズの差によってブラジャーのカップサイズが決まるわけですが、実際の寸法は本人が知るのみで、回りの人にはわかりませんよね。
実際に人の目を引くバストアップにはどのような方法があるでしょうか。

バストを大きく見せる方法

ブラジャーで実際よりも胸を大きく見せる方法には、パットなどで厚みを持たせるやり方や正しくブラジャーを装着することで谷間をはっきりとさせるやり方があります。これは、下着売り場などで、店員さんにきちんとしたサイズの測り方やつけ方を聞いて、正しく下着をつけることで胸を大きく見せることができます。

また、胸が垂れてしまうと実際よりも胸が小さく見えてしまうので、マッサージやエクササイズで胸の筋肉を鍛えて、バストを上に持ち上げて大きく見せる方法があります。時間はかかりますが、続けることで効果が期待できるバストアップ法ですね。
運動でバストアップする方法には他にも良い効果があり、一つはダイエットにもなるということ。
ダイエットはバストアップと同じくらいに女性の悩みの種ですし、またウエストが細くなれば体のラインにメリハリがつくので、相対的に胸が大きく見えるという効果もあります。
汗をかけば代謝がよくなり、胸の重さを支える肌にもはりが出る、という嬉しい効果も。
バストアップを考えるなら、他の方法とあわせて運動も続けたほうが良さそうですね。

バストを大きくする方法

バストはそのほとんどが脂肪であり、胸に脂肪が集まって大きくなるのは女性ホルモンの作用です。
食生活やストレスでホルモンバランスが崩れると男性ホルモンの分泌が多くなったりしてしまいますので、生活やサプリメントなどで女性ホルモンの分泌を促進することでバストのサイズをアップさせることができそうです。
知られている成分としては、プエラリアやイソフラボンなどがあります。摂取したときに、体内で女性ホルモン(エストロゲン)に似た効能を発揮し、乳腺の発達や乳房の脂肪を増やすとされているので、バストアップ効果に期待ができるわけです。
マッサージの際にジェルやクリームを使用して、外部から刺激を与えて浸透させることでも効果があるので、使ってみてはいかがでしょうか。

他にも、美容整形によるバストアップや光豊胸といった施術をする方法もあります。
これは、専門のクリニックに行って詳しいやり方や費用を相談して決めることをおすすめします。

バストアップには個人差があり、一概に正しい方法というのは決められないのですが、理想のバストをイメージして努力することはきっといい方向へと進むと思いますので、あきらめずにがんばってみてくださいね。