でか目メイクで顔立ちはっきり

でか目の効果は?

目が大きいとかわいい、とよく言われますよね。
それは、目が大きく見えると顔全体の印象がかなり変わるのと、デカ目の効果によって少し幼く見えるからみたいです。
確かに、赤ちゃんは目が大きいですし、動物の赤ちゃんも目が大きくてかわいく見えますよね。

また、黒目が大きくなる(瞳孔が開く)という変化は、興味や関心があることの表れ。
つまり相手に対して好意があるというふうに捉えられ、心理学的にも好印象を与えやすいそうです。
これは、もてるメイクにはもってこいですよね。

目自体を大きく見せるメイク

実際にデカ目とはいっても、どのくらいがいいのでしょうか。
あまりにどぎつくアイメイクをしても逆効果なのは重々承知。ちょうどいいバランスででか目メイクがしたいですからね。

人間の顔にも、最も美しく見えるというバランスがあります。
黄金率というもので、目の大きさでいえば目頭から目頭の間と目の幅が1:1になるのが理想とされています。
そこで、目の幅が足りないと思う場合はアイシャドウを使ってみましょう。
目尻側に少し、幅を足すイメージでブラウン系のアイシャドウを塗っていきます。
上まぶただけではなく、下まぶたの目尻側にも少し塗ったほうがバランスが良くなります。

横幅を広げると目は切れ長のクールなイメージに。
かっこいい女性なりますが、かわいさをプラスしたいときには縦にも目を大きくしてみましょう。
アイラインをまつげの際に引き、白目とのコントラストで目を大きく見せます。
アイシャドウで強調するのもありですよね。
いずれの場合も、まつげはビューラーを使って上向きにしておくのが大切です。
まつげが下を向いていると、それだけで効果は半減してしまいますからね。

黒目を大きく見せるメイク

黒目と白目にも、きれいに見せるバランスがあり、白目と黒目が1:2:1になるのが最もかわいい瞳とされています。
白目の部分が大きいといわゆる三白眼となり、目つきが悪そうに見えたり冷たそうに見えたり......
黒目がちな女性に比べて印象に残りにくく、いいイメージをもたれにくいみたいです。

黒目を大きく見せるには、カラコンをつかって実際に大きくする方法もありますが、メイクでも黒目を大きく見せる方法があります。
まず、アイラインを引くときに黒目の上の部分を太めに書くやり方です。
黒い部分が強調されて、はっきりした瞳に見えるようになります。
それから、マスカラを使ってまつげを濃くするやり方。
この際にはまつげは目尻側に流さず、放射状に上げるようにするとパッチリした目になりますよ。