小鼻効果と小顔効果

小鼻に見せるメイク 小顔に見せるメイク

メイクにもいろいろなテクニックがあります。
長所を伸ばすメイクは自分の魅力を最大限に引き出してくれ、逆に欠点を補うメイクは気になる部分を目立たなくしてくれます。
けど、やりようによっては気になる部分もアピールポイントになる?

日本人の特徴として、顔がのっぺりと見えるというものがあります。
外国の方に比べると鼻が低く、彫が浅く、肌がすべっとしているからでしょうか。
それはそれでかわいらしい部分もあるのですが、少し子供っぽく見える部分も否めません。
より大人っぽいセクシーな顔つきに見せるには、光と影を意識して使って、顔の立体感を出してあげることが大切です。
光というのはハイライト、影というのはシェーディングのこと。
お気に入りのファンデーション一色だけを使って、ぺたっと塗ってしまったのではなかなか顔の印象はよくなりません。
いくつかのコスメを上手に使って、鼻を小さく、高く見せる小鼻メイクと、顔を小さく見せる小顔メイクに挑戦してみましょう。

ハイライトの使い方

ハイライトとは、明るい色を使って光が集まるようにするテクニックのこと。
顔の中でも高い部分、おでこから鼻筋にかけてのTゾーンや目の下のCゾーン、あごの先の部分に使うとより効果的です。
中でも鼻筋を通すようにして使うと小鼻効果が、目の下の疲れが見えやすい場所に使うと若々しく、また輪郭もはっきりとして見え顔が締まって見えます。
ポイントはハイライトを塗る範囲。
明るく見えるということは膨張して見えるということでもあるので、太すぎたり広すぎたりすると逆効果。団子鼻や太って見えたりしてしまいます。
頂点を決めて、そこからうまく周りになじませていくのが基本です。
使いやすい、細めの筆やチップを用意しておくのがいいですね。

シェーディングの使い方

シェーディングとは、暗めの色で影を作り、部分的に目立たない場所を作るテクニック。
ノーズシャドウやアイシャドウなどですね。
また、フェイスラインに沿ってシェーディングを入れれば小顔効果も高く、凛々しい顔立ちになります。
ポイントはファンデーションとの境目。
色目がはっきりくっきりしすぎると、いかにも「化粧してます」といった見た目になり、ちょっと怖いです。
一筆でドサッと塗るのではなく、ぼんやりと薄く乗せていくようにしましょう。濃さは、何回か筆を重ねることで作れます。
あせらずに、仕上がりを見ながら進めていきましょう。

ハイライトとシェーディングの複合

これらの陰影をつけるテクニックは、あわせて使うとより効果的です。
ベースとなるファンデーションの色を基準に、ハイライトにはワントーン明るい色を、シェーディングにはワントーン暗い色を使えは、それだけでもツートーンの差ができます。このコントラストで立体感を作るのです。
ハイライトだからと真っ白のパール、シェーディングだからとダークなブラウンを使う必要はありません。
いつもよりほんのちょっと明るめ、少ーしだけ暗めの色を使えば、それだけでも結構な効果が期待できます。
もともとの肌の色にもよりますが、グレーやカーキといった色でも対応できますよ。
何より不自然な仕上がりが一番NG。
やりすぎには十分注意して、良い印象を与えるモテメイクを心がけてくださいね。