大人な女性の愛されリップ

口は雄弁にものを語る?

女性と話をする時、男性はどこを見ているのでしょうか?
興味のない相手ならいざ知らず、少なからず惹かれている相手とならまず顔を見るでしょう。
そして、自然と視線を下げて唇を見ていることが多いそうです。
顔を背けてしまうと相手にしてないみたいに思われる。けどずっと視線を合わせているのはちょっと恥ずかしい。
そういうときに見てしまうのが唇。
話をしているのを確認できますし、何より女性の魅力的なポイントの一つだから、というのは心理学的にもいえることだそうです。
魅力的に演出された唇は、思った以上に男性に働きかける、ということですね。

魅力的な愛されリップメイク

唇のしわが目立つかさかさな状態では、唇は魅力的に見えません。
なので、普段はリップバームでの乾燥対策をしましょう。唇はとてもデリケートな部分でもありますので、乾燥でひび割れたり皮がむけたりする前にケアを心がけましょう。
リップメイクをする直前にも、一度クリームを塗って潤いの補給をするといいです。
口紅を塗る前にティッシュでリップバームをおさえましょう。

口紅を塗るときにはブラシを使うのがおすすめ。
仕上がりがきれいになりますし、口角などもしっかり塗ることができますよ。
まずはリップラインの上唇の山をV字に塗ります。
次に下唇の真ん中のラインを塗り、唇の厚さを大体決めます。
ぽってりとした厚めの唇のほうが魅力的に見えますので、1mm程度オーバー気味に描くと女性っぽさがアップ。
次は口角の部分を、さっき塗ったラインにつなげるように塗っていきます。
少し口を閉じて、ブラシを差し込むようにして塗るときれいにラインが引けます。唇が閉じた状態での見え方も確認できますね。
左右を同じようにして口角を取ったら、中央を塗りつぶしていきます。
塗った後に軽くティッシュオフして落ち着かせましょう。
グロスを使う場合には、立体感を意識して中央に厚めに塗ってから端へと広げるといいです。
上唇のほうを厚く見せるとより魅力的。グロスの塗り方の強弱で、たらこじゃないぽってりとした唇に仕上げるのが愛されるリップです。

愛されリップメイクのポイント

愛されリップ

リップのカラーは大切です。
落ち着いたベージュやブラウン、派手なレッド・ワインは避けて、ピンクやコーラル・オレンジ系の色がやはり好印象です。髪や服、チークやアイシャドウなどとの色とも合わせて選びたいですね。
発色をきれいにするために、口紅を塗る前にリップコンシーラーで色を消しておくのもメイクのテクニックとして使えますよ。

への字口になってしまうと、ちょっとマイナスなイメージ。口角が上がった口元のほうが明るい笑顔に見えますよね。
テクニックとしては、口紅を塗った後で口角の下の部分にハイライトを入れて、下唇の影を飛ばすやり方があります。軽く入れても効果があると思いますので試してみてください。
あと、口角がきちんとつながっていないとだらしない印象にも見えるので、チェックしてくださいね。