色の良くない唇をきれいに見せる

唇は顔全体のイメージを左右する

顔のパーツの中でも目と唇はとっても大事なポイント。
なかでも唇は、セクシーさをアピールする特に重要なパーツです。

ということは、唇の色が良くないと逆に顔全体のイメージをダウンさせることにもなりそう?

その通り。
血色のいい唇、艶やハリのあるリップは、健康的で魅力的な女性の顔を際立たせてもくれますが、赤みの少ない色であったり黒ずんだ色の唇では、不健康そうなイメージを連想してしまいます。幸が薄そうな感じにも見えてしまうので、いやですよね。
何はともあれメイクをするときには口紅だけははずせない、というのも、唇にそれだけの影響力があるということなのではないでしょうか。

とかく男性というのは、女性をイメージで判断しがちなところがありますので、第一印象からマイナスなイメージを与えてしまうのはご法度。
その後の展開にも響いてきちゃいますので、リップのメイクには意識を向けておかないといけませんね。

ポイントは血色

唇は皮膚が薄く、すっぴんの状態でもほんのりと赤みが差している部分。
赤というのは人間の血を連想させる色で、また情熱的な色ともされています。
魅力的な部分に魅惑的な色を乗せるというのはとても賢いやり方です。

お勧めの色はやっぱりピンク。
それもちょっと赤みの強いものが効果があります。
もともとの唇に近い色が自然なので、それを少し強める風合いのカラーを選ぶと間違いないと思います。
それ以外だと、まっピンクでかわいさを、オレンジでカジュアル風に、ブラウンで大人っぽい感じ、と使い分けをしてみるといいかも。チークやアイシャドウなど、他のメイクとのバランスを見て選ぶことも大事です。
ナチュラルに仕上げたいなら色の付いたリップスティックでもいいですね。
そして、時間のないとき、ぱっとメイク直しをしたいときなどに、コレを使えば間違い無し!という自分の一本を決めておくと、いざというときに助かりますよ。

子供のころに親のまねをして化粧をしてみたことがあるなら、おそらくまず最初にやってみたのは口紅を塗ることだったのではないでしょうか。
また、男に女装をしてみろと言ったならまず何をやるでしょうか?
......多分ルージュを引きますよね(笑)。

一番手軽に化粧を楽しめる場所である分、意外とぞんざいにもなりがちなくちびる。
とはいっても唇はメイクの重要ポイントなのは間違いありません。
どんなメイクの教材であっても、リップメイクのやり方は結構なウェイトを占めているはずです。
モテル女性というのは、常にそういった細かい部分のメイクにも気を抜かなかったりしていますよね。

※おまけ
常に細かい部分までメイクをキメキメにしていると逆に疲れる、っていう人が相手なら、たまには唇で適度にスキを作ってギャップを与えてみる、なんてことができたら恋愛上級者?(笑)