優しくお茶目に、たれ目メイク

たれ目メイクの効果

アイラインを少し下げ気味に引いて、目尻が下がったように見せるたれ目メイク。
目が大きく見える効果もあり、かわいらしい雰囲気にしたいときにおすすめです。
つり目にはどうしてもきつい印象がありますので、そんなつもりじゃないのにつんつんして見られるのが悩みという方も、優しい印象を与えられるたれ目メイクを試してみましょう。

たれ目に見せる方法

目自体を大きく見せるためにも、アイラインの延長線上に2~3m程度ラインを書き足します。
目尻の位置を下げることでたれ目効果を狙ったものです。
下まぶたにもアイラインを引いて、目尻でうまくつなげます。不自然に線を曲げると違和感がありますので、黒目の下辺りから自然につながるように意識しましょう。
描いた後でも調節できるように、リキッドアイライナーではなくペンシルタイプを使うといいかと思います。
ラインとまつげの隙間は、アイシャドウで埋めるようにするとナチュラルになりますよ。

初心者の方は、はっきりとラインを引かずにまつげでたれ目に見せるテクニックも試してみましょう。
マスカラをつける際にブラシを目尻側に向かって動かし、流れるイメージでまつげを立ち上げます。同様に下まつげにもマスカラを塗って、目尻のボリュームをアップさせましょう。
つけまつげを使ってもいいですね。

アイライン以外のメイク

たれ目メイクの印象をアップするためにも、目頭にハイライトを入れるテクニックはおすすめです。
白目の部分がクリアに見えて、目元がさらにはっきりとなります。

眉毛も、たれ目にあわせてきれいなアーチを描くように整えましょう。
細くシャープなつり眉毛よりは、ナチュラルな太さの山形の眉のほうが愛らしさがアップします。
への字眉や困り顔のようなたれ眉は、バランスが難しそうですね。
眉マスカラで少し明るめの色にするのも効果があると思います。、

目元を愛らしいたれ目メイクにするのですから、唇やチークもかわいらしいピンクやコーラル系の色を使いたいですね。
大人っぽい真っ赤なルージュや、頬がシャープに見えるチークの塗り方やカラーは避けて、全体的に丸みを帯びた幼さを残すメイクのやり方で、統一感をとってみてくださいね。